メンバー紹介:ブロッケン

技術と産業の発展に隠れた功労者は「運送業者」だった。
砂漠と渓谷で構成されるグラナの環境は、他の5大国家より劣悪だ。
しかしそのような環境下だからこそ、それを克服するのに大きく貢献したのが「運送業者」であった。

グラナの歴史の「偉人」に、優れた運送業者が含まれているほど、影響力は強かった。

ブロッケンは、そんな様々な運送業者ひしめくグラナの中でも、有名な運送業者の中の一人だった。
ただ、良い意味での有名ではない。能力での有名ではなく、悪名高い事で有名だった。

彼は堅く重い肉体をもち、どんなに厳しい環境下でも最速の配達ができる事が強みだった。
しかし問題は、その最速の手法にあった。
猪突猛進な性格のせいもあり、経路上のすべてのものをなぎ倒して進むのだ。
最速の配達に喜んでいた経営者が、その深刻な問題に気づくのに時間はかからなかった。

配達を依頼しただけなのに、経路上に存在した村、数十個が壊滅。
彼の配達が稼ぐ料金より、被害の損害賠償のが大きいという実に不条理な事件は、彼を雇う経営者を驚愕させた。

輸送をすればするほど借金が増えていく火の車状態に頭を悩ませたクルーガーだったが、
それ以上に、彼自身はその事を問題と思っていない事に、より深く悩んだ。
結局彼は見放され被害総額のほとんどは、ブロッケン自身の借金となった。

そんな折、最近の辺鄙な地にある領地が急激な発展をしている言葉を耳にし、
新たな運送のチャンスと直感したブロッケンは旅にでる。
数十人の借金の取り立て人を尻目に…
夜逃げじゃないと強く念じながら。